眼鏡不要でVRヘッドマウントディスプレイを使用できる魔法アイテム

Oculus Go(オキュラスゴー)の使用レビューの予定でしたが、注文していた品が届いてそれが思いの外良かったのでこちらを先にご紹介します。

スポンサーリンク

VRヘッドセットの眼鏡問題

新しいHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が発売される度に「メガネしたまま使える?」と言う質問が飛び交ったりするくらい、眼鏡ユーザーにとってVRゴーグルを眼鏡を着用したまま使用できるか否かは大問題です。

製品によっては簡易な視力調整機構がついていたりしますが、強度の近視や左右の視力が違ったりするとそんなものは役に立ちません。

Oculus Goは眼鏡を着用したままでも使用できる!

今回購入したOculus Goは眼鏡を着用したままでも使用でるので、日常生活で眼鏡が手放せない私でもVRを楽しむことができます。

おまけに製品にはこのような眼鏡スペーサーも付属しています。

この眼鏡スペーサーはOculus Goのレンズと目の間にメガネ用のスペースを確保するための部品なんですが、私の眼鏡の場合スペーサーがなくても眼鏡を着用したまま使用できます。

試してはいませんがよほど横幅があるセルフレームのメガネなどでなければ大丈夫だと思います。

しかし長時間の使用はきつい

眼鏡を着用したまま視聴できるOculus Goですが、何の問題がないわけではなく私の場合使用30分をすぎる頃から鼻梁が痛くなってきます。

フレーム幅があるため眼鏡が若干押されその圧力がブリッジ一点にかかってしまうのが原因です。

これは私だけの現象では無いようで掲示板なんかでは長時間使用にはツルで押されて痛いなんて言っている人もいました。

リーフツアラーシュノーケル 度付き レンズをOculusに転用

そこでネットを漁ってみるとスキューバーダイビングに使うゴーグル用にフレームとレンズが発売されていてそれをVRゴーグルに転用できるというのを見つけました。

リーフツアラー

アマゾンで早速ポチる

そこで早速アマゾンで探してみるとありました。アマゾンマーケットプレイスでタニダWEBショップと言うダイビングショップが出品していました。

よく見てみると左右同じ度数のレンズが付いたフレームセットの他にフレームのみ、レンズのみの発売もしていることがわかりました。私のように左右の視力が異なる人は自分の目にあったレンズを別々に購入できるのはありがたいですね。

度数は-2~-6まで1刻みで用意されていたので私は左目用に-6、右目用に-4のレンズとフレームをそれぞれ注文しました。

ちなみに私が購入したときはフレームが600円、レンズ1枚1015円でした。

あっそうそう、私は最初迷ったんですがレンズに左右はなく対象形なのでどちらにもハマります。

Oculus Goに装着してみる

フレーム

フレーム

レンズ

レンズ

フレームにレンズを取り付けるのは簡単で、フレーム上部にある▲で前後を確認してレンズをはめ込むだけでした。

レンズを取り付け

さっそくOculus Goに装着してみました。

OculusGoに装着

ぴったりですね!

Oculusへの取り付けもレンズとレンズがぶつからないようにだけ気をつければいい感じでした。

ちなみにレンズ間の距離はちょっと分かりづらいかもしれませんがこんな感じです。

レンズ感距離

これより近づけることも可能ですがレンズとレンズがぶつかって傷ついては困るので、私はこれくらいにしています。

リーフツアラーのレンズを前後逆にすればぶつからないようにマージンを広げられるかとやってみたのですが、前後逆にすると睫毛とレンズがあたってしまい瞬きする度に違和感がものすごかったので普通の向きにしました。

VR動画

眼鏡不要のVRは快適!

実際にリーフツアラーを装着してOculus GoでVR動画を視聴してみたところかなり快適でした!

リーフツアラーのVRゴーグルへの転用を最初に思いついた人に感謝ですね。

注意しなければならない点はOculus Goの近接センサーとフレームが干渉してしまい、Oculus Goを顔から外した時に自動でスリープに入らないことがあることがあるくらいです。

しかしこれも取り付けるときに干渉しないように位置を調整して取り付けてしまえば大丈夫です。

それと眼鏡をしたままOculus Goをかぶるには眼鏡を先にゴーグルに入れるようにするなど気をつけなくてはならないのですが、眼鏡がないといとも簡単に装着できるのも良いですね!

アマゾンのレビューを見ているとOculus Goの他にもPSVR、oculus rift、HTC-VIVEなどにも使っている人がいたので他のHMDでも使えるのかもしれません。スキュバー用品のレビューなのにVRで使っているというレビューが半数くらい占めていたのは面白かったです。

フレームとレンズのセットはこちら

私のように左右の視力が違う人はフレームとレンズを別々に購入しましょう。

使用している眼鏡の度数がわからない方は購入した眼鏡店に持ち込むと度数を調べてもらえるのでその数値を参考にして購入するといいですよ。

2019年5月7日追記

最近ではこのような物もあるようです。ちょっとお高いですけど

コメント