MixHostでWordPressをインストールする方法【超簡単】

レンタルサーバーMixHost にWordPressをインストールする方法を解説します。

解説と言ってもドメインさえ用意できていればものの数分でWordPressをインストールできてSSL化までできてしまうんですけどね。

前提条件としてドメインは用意できているものとして解説するので、ドメインが用意できていない方はお名前.com スタードメイン あたりでドメインを取得しておいてください。どちらのレジストラもセールをよくやっているのでおすすめです。

それではMixHostサーバーでWordpressをインストールする手順を説明します。

スポンサーリンク

MixHostでのWordPressインストール手順はたった3行程

  1. MixHostにドメインを追加
  2. ネームサーバーをMixHostに向ける
  3. WordPressを簡単インストール

MixHostではデータベースの作成なども全部自動でやってくれるのでたったこれだけで、SSL化済みのWordPressを使用できるようになります。

MixHostにドメインを追加する

まずはcPanelにログインします。
※ログインの仕方はcPanelのログイン方法 を御覧ください

cPanelにログインしたら中ほどにあるドメインの中からアドオンドメインをクリックします。

アドオンドメイン

アドオンドメインをクリックするとアドオンドメインの作成が開くのでドメイン名を入力します。

ドメイン名を入力すると自動でサブドメインとドキュメントルールも自動で入力されます。
※通常デフォルトのままで問題ありません

ドメイン名入力

入力したらドメインの追加をクリックします。

数十秒すると下の画像のように追加したドメインが表示されます。

ドメイン登録完了

以上でドメインの追加は完了です。

ネームサーバをMixHostに向ける

ドメインの追加が済んだらドメイン管理会社(お名前.comやスタードメインのことです)でネームサーバーの設定を行います。

ドメイン管理会社で該当のドメインのネームサーバーを

ネームサーバー1:ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2:ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3:ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4:ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5:ns5.mixhost.jp

と設定します。

ネームサーバーの設定

お名前.comの場合

WordPressのインストール

ネームサーバーの設定が済んだらいよいよWordPressのインストールです。

cPanelの下の方にあるSOFTACULOUS APPS INSTALLERの中からWordPressをクリックします。

wordpressを選択

WordPressをクリックするとWordPressの紹介画面が現れるのでInstall Nowをクリックします。

インストールなうをクリック

ソフトウェアセットアップ

セットアップ画面が現れるので

  • プロトコルの選択
  • ドメインの選択
  • ディレクトリ

をそれぞれ選択または入力します。

プロトコルの選択
これからサイト運営をするなら「https://」か「https://www」を選択することをおすすめします。「http://」、「http://www」も選べますが新規にブログを作るならSSL化しておいた方が良いですよ。

ドメインの選択
新ブログで利用するドメインを選択します。

ディレクトリ
通常ここは空欄にしておきます。「http://example.com/wp/」のようなURLでアクセスしたい場合は「wp」と入力、「http://example.com/」でアクセスしたい場合は空欄にします。

ドメインを選択すると下の画像のように「信用できるSSL証明は発見されませんでした。」と警告が出ますが、今は気にしないで大丈夫です。

サイト設定

続いてサイト名とサイト説明を入力します。

サイト名はブログ名のことで、サイトの説明はキャッチフレーズのことです。インストール後に変更できるのでデフォルトのままでも大丈夫です。

マルチサイト化する場合は「マルチサイトを有効にする(WPMU)」にチェックを入れます。意味がわからない方はチェックを入れずにそのままで大丈夫です。

サイト設定

管理者アカウント

アカウント情報を入力します。

Admin Username
WordPressの管理者ユーザー名を入力します。ここで入力したIDでログインすることになります。セキュリティ上adminのままにはしないでください。

Admin Password
WordPressにログインする管理者パスワードを入力します。

管理者Eメール
メールアドレスを入力します。WordPressに関する通知がアドレスに届きます。

管理者アカウント

以上の項目を入力したらインストールボタンをクリックするとインストールが始まります。

1分程度でインストールは終了して下の画像のように

インストール成功

「ソフトウェアは正常にインストールされました」と表示されればWordPressのインストールは成功です。

ブログが表示されなくても慌てない

以上でMixHostにWordPressをインストールできましたが、すぐにはブログが表示されない(できない)場合があります。

正常にインストールできていても表示できない場合は二通りあって

ネームサーバの変更が浸透していない

ネームサーバの設定を変更しても変更がネットに浸透するまでには数時間から72時間要します。

なので変更が浸透するまでの間はドメイン管理会社のページが表示されたりします。

変更が浸透すれば該当ドメインでブログにアクセスできるようになります。

SSL証明書が見つからない

Chromeなどのブラウザで表示させようとすると

警告

このように警告画面が表示されブログを表示できないことがあります。

これはまだMixHost内でSSL証明書の調整中でサイトのSSL証明書が確認できないためでこのような警告がブラウザ側で出てしまうことがあります。

cPanelの「セキュリティ」→「SSL/TLS」→「サイトのSSLのインストール及び管理(HTTPS)sslを管理します」と進むと

SSL管理

このようにまだSSL証明書の発行がなされていない状態になっているはずです。

通常30分程度でSSL証明書の手続きが済み下の画像のように

SSL証明書準備OK

全てグリーンになります。こうなったらSSL証明書がきちんとインストールされているということなので、ブラウザからの警告も出なくなります。

待たずに確認したい場合は

ネームサーバの変更の浸透、SSL証明書の準備待ちはしばらくすれば解消されますが、直ちに新しいブログにアクセスしたい場合は

使用しているパソコンのhostファイルを書き換えるとすぐにアクセスできるようになります。やり方は

hostsファイルの変更方法

で解説している方法と同じです。

またこの記事の最初の方で設定したサブドメインを利用するとブログアクセすることができます。

しかし、数時間で解消されることなのでhostファイルを書き換えたりせずのんびりと待つことをおすすめします。
※ブラウザの設定をいじって警告を無視してもいいんですが、設定を戻し忘れて本当におかしなサイトにアクセスした際に警告がでなくなったりすするのでおすすめしません。

 

以上のようにMixHostではたった数行程でWordPressをインストールすることができます。

と、言いますかドメインの設定ができていれば、プロトコルを選択してユザーネームを決めパスワードを設定するくらいしかやることがありませんよね。

非常に簡単です。

他のレンタルサーバーだとインストール前にデータベースを作成したりとか初心者の方にはわかりにくいことをしなければならなかったりしますが、MixHostではご覧のようにつまずくところはまずないと思います。

たったこれだけでSSL化、HTTP/2、QUICが利用できるんですから楽なもんです。

当ブログもmixhostで運用しています

WordPress
スポンサーリンク
よろしければ共有して下さい
購読する
スポンサーリンク
Brainote

コメント